オンラインカジノの歴史・高額賞金はいつ始まった?

今では、インターネットが普及していて、オンラインゲームと同じように、またその一環としてオンラインカジノは当たり前のように利用されています。

それでは一体、オンラインカジノというものはいつ頃から始まり、どのように発展していったのでしょうか。この記事ではオンラインカジノの歴史について見ていこうと思います。

 

オンラインカジノが始まったのは1994年のことになります。

イギリス連邦加盟国であるアンティグア・バーブーダというカリブ海に位置する小さな国が、政府認可のライセンスをオンラインカジノの運営会社に付与する法律を制定しました。

今でもアンティグア・バーブーダの政府の発行するライセンスは審査が厳重であることで評判で、マルタやマン島などと並んで、この国のライセンスに対する人気は非常に高いです。

2003年のアメリカでのオンラインカジノを禁止する法案についても公然と反対しており、カジノ熱が非常に高い国であると言えるでしょう。

 

オンラインカジノを始めるためには、政府発行のライセンスとともに、ゲームを実際に動かすためのソフトウェアが必要になります。

世界初のソフトウェア開発をしたのは、マイクロゲーミング社であり、マン島に本拠を置いています。

この会社も早くからオンラインカジノの将来性に着目しており、アンティグア・バーブーダで法律が制定されたのと同じく、1994年に正式に発足しました。

現在でもマイクロゲーミング社は数多くのゲームをオンラインカジノに送り出しています。

 

さらに、オンラインカジノでは、お金の入金と出金を行わなければなりません。

そうであるからこそ、カジノのオンライン決済の安全性も担保しなければなりませんでした。1996年にクリプトロジック社が設立され、インターネットを介しての金銭のやり取りが安全にセキュリティーを保たれた状態で行うことができるようになりました。

こうして、ライセンス、ソフトウェア、セキュリティーというオンラインカジノ開設に必要な要素が確保され、クリプトロジック社の子会社のウェイジャーロジック社が運営会社となり、1996年に世界初のオンラインカジノであるインターカジノがサービスを開始しました。

 

1998年には高額賞金の出るジャックポットなどの機能も付けられるようになり、オンラインカジノ業界の収益は、8億ドルを突破し、21世紀に向けて、業界はどんどん成長していきました。

しかし、オンラインカジノの草創期には公的なライセンスの認可を受けていない悪質な業者が、まだ幅を利かせていて、賞金を支払わなかったり、ゲームの公平性を損なったり、突然サイトを閉鎖してユーザーから集めたお金を持ち逃げするなど、犯罪行為を繰り返していたため、オンラインカジノには、まだかなりのリスクがありました。

 

このような事態を重く見て、2003年にはeCOGRAという第三者機関がオンラインゲームの信頼性を確保するために設立されました

この期間は現在でも100以上のオンラインカジノを監督下に置いています。

このeCOGRAの認可を受けているかどうかも優良オンラインカジノかどうかの大きな指標になるので、オンラインカジノを利用する際は、気を付けてみておくとよいでしょう。

 

現在では、悪徳業者はかなりの程度排除され、ライセンスを発行する国も20カ国以上になり、これから、さらに増加する傾向も見せています。

さらに、モバイル端末の普及により、オンラインカジノ業界は発展を遂げています。今後のさらなる成長も見込めるため、注目される業種となっていることは確かです。

オンラインカジノの始まった頃には日本語対応はなされておらず、外国語を駆使してオンラインカジノを楽しむということは、非常に大きな壁があり、普及することはありませんでした。

 

2000年代になると、日本市場を意識して、日本語対応をするオンラインカジノが現れましたが、当時の日本語は、英語の直訳でしかなく、日本語として成立しておらず、非常にプレイしにくい環境が続きました。

最初にしっかりとした日本語で対応を始めたのは、インペリアルカジノでした。

2000年代の終盤になると、きちんとした日本語で対応するオンラインカジノが増えてきました。日本市場にオンラインカジノは次々と参入し始めたのです。

これ以降、オンラインカジノの文化は日本にも定着し始め、海外の運営会社も日本語サポートを充実させたりして、日本市場の開拓を始めています。手軽さとソフトウェア開発の高度化に伴うゲーム性の向上により、海外の市場と同じく、日本の市場においてもこれから先のさらなる発展が見込まれています。

 

Author: luckcard7432